社畜を なめるなよ!! +α

ゴールなんてない 世の中のイマをノリと瞬発力で生き抜くためのブログ

【オススメ】話題の闇風呂を試してみたら思いのほか気持ちよすぎてビビった件

スポンサーリンク

究極のメンタル・リラックス528 〜やすらぎモードで心を整えるために〜

お疲れ様です。

あなたは毎日の疲れがなかなか取れない、

疲れを溜め込んでしまっている、

なんてことはありませんか??

 

 

実は僕もそのタイプなんです。

知らない間に疲労を溜め込む人。

そこで、2年くらい前にネットで見かけて今更試した闇風呂が思いのほか良かったのでご紹介します。

 

1.闇風呂をご存知ですか?

闇風呂、知ってます?

 

僕は2年くらい前に何かのサイトで紹介されているのを見て、気になってはいたのですが何となくお風呂の時間に忘れてしまい試せずにいました。

 

そしてついこの間、

入浴中ふとした拍子に思い出してそのままやってみた所、とても気持ちよかったのです。

 

 

闇風呂。

 

字面は何やら怪しく見えますが、

安心してください。

 

やることはいたってシンプル!

電気を消して入浴するだけ!!

 

たったこれだけなのですが、

思っているより気持ちいいです!

 

今のとこ完全にマイブームです。

 

2.光が与えるストレスは想像以上に凄まじい

どうして闇風呂なんてものが流行ったのか?

(そもそも流行っていたのか??)

 

答えは簡単。

現代人は疲れているのです。光に!!

 

朝から晩まで人工の光にさらされて仕事をし、帰ってすぐテレビを観て、隙あらばスマホをチェック。

就寝前はネットサーフィン。

 

動画なんかを観ながら寝落ち。

そういう人多いんじゃないですかね。

 

 

僕はここに、

入浴中のスマホというオプションも追加しているくらいです。

(やばい)

 

 

実はこれ、本当に疲れを溜めるんです。

原因はブルーライト

 

目から入ったブルーライトはとんでもなく消耗させます。

 

 

想像以上にダメージを受けていることは、

今晩、闇風呂を体験したあなたは実感できるはずです。

 

 

ブルーライトのストレスはどんどん体を蝕みます。

頭痛やめまいも引き起こします。

 

本当に危険なので闇風呂を試して、

その後はブルーライトを控えるように気を配ってください。

 

というか、

自然に意識するようになります。(笑)

 

 

3.僕が試した闇風呂のやり方

僕のはベーシックスタイル。

 

ただ真っ暗にした風呂場で、

 

しっかり浴槽に浸かり(ここ重要)、

 

目を閉じ(これは自由)、

 

深呼吸します(ここ重要)。

 

たったこれだけ。

 

 

入浴時間は自分が気持ちよく感じられる程度でいいと思います。

僕は長風呂派なので40分くらいはボケェーーっとしてます。

 

中にはこんなやり方も

色々な紹介記事を見てみると、

  • アロマキャンドルをたいたり
  • 落ち着く音楽を流したり
  • ヨガをやったり(これだけ理解を超えていました)

様々な楽しみ方をされているみたいです。

 

ひとつだけ注意点を挙げておくと、

 

 

完全な闇は危ないので、

最小の電球か、脱衣所の光か、月光か、

星明かりか、、、

 

なんでもいいので風呂場の様子がわかる程度にはあかりがあった方が絶対いいです。

 

別にその程度では効果が薄まることはありません。

また、しばらくすると目が慣れてきます。

 

 

4.闇風呂の効果

闇風呂の効果は沢山ありますが、

何よりもリラックス効果です。

 

とにかくリラックスできます。

 

 

真っ暗な中で静かに湯船に浸かっていると、

なんとも言えない不思議な感じがしますよ!

 

どこか非現実的な、

どこか非日常的な、

 

そんな感じです。

 

 

一番効果を実感する瞬間

それはお風呂を上がって、

脱衣場に出た時。

というより、日常の光にさらされた時です。

 

 

あまりにも強烈な刺激に驚くはず。

僕は何回やっても「おお~~」ってなります。

なんならこの感じを楽しんでさえいますね。

(闇風呂の効果半減!?)

 

出来ることならお風呂から着替え、そして睡眠までは出来るだけ小さな明かりで過ごすことをお勧めします。

 

 

 

なんとも言えない心地よさの中、

泥に吸い込まれるように眠りにつけるはず。

 

スマホやパソコンなんてもってのほかです(笑)

 

 

ほんとに、

毎日いかに高刺激の中で生活しているかを思い知りますよ。

 

5.まとめ

今回は闇風呂の紹介記事を書かせていただきました。

 

疲れを感じている人ほどめちゃくちゃオススメの入浴方法なので、是非やってみてください。

 

絶対後悔しませんから。

(入浴中に寝ちゃうのだけは気を付けてください)

 

 

※デスクワーカーやスマホのヘビーユーザーは

今日家帰ったら絶対やって下さい。